交通事故弁護士による裁判所基準の慰謝料交渉とは

六法全書

交通事故に遭ったとき、被害者が請求できる損害賠償請求、その中でも、慰謝料に関して解説いたします。

私は、鬼怒川と川治温泉が好きで、ここで都内であった交通事故のことを考えたり、被害者へアドバイスをしたりすることがあります。交通事故に強い弁護士が加害者と示談交渉(正確には代理交渉相手である自動車保険会社との示談交渉)をすると、慰謝料が増額することをしらないことがありますので、お知らせいたします。

交通事故に巻き込まれて被害を受けた場合、被害者が保険会社と交渉をして保険料を受け取ることになるのですが、保険会社と被害者が交渉する場合には、明らかに保険会社の方が有利になるでしょう。このようなときには弁護士に依頼して、代わりに交渉をしてもらうのが一般的なのですが、弁護士に依頼するメリットは、うまく交渉してくれるという点だけではありません。弁護士を交えて交渉する場合には、慰謝料額が裁判所基準に基づいて話し合いをすることになります。

また、後遺障害は、身体に残った後遺症によって等級が定められており、その等級によって慰謝料の支払いが決まります。

後遺障害等級には1級から14級まで存在しており、1級が最も多い慰謝料となります。しかも裁判所基準の慰謝料は、自賠責保険の慰謝料よりも高く設定されているので、弁護士に相談することで、より高い慰謝料をもらえるようになるのです。逆に自分で交渉をして裁判所基準の慰謝料を支払ってもらうのはほぼ不可能だと言えるでしょう。

ちなみ後遺傷害等級14級であった場合、一般的な慰謝料は32万円になっているのに対して、裁判所基準の場合には110万円になっているのです。これが1級になると、一般的な慰謝料が1100万円になっているのに対して、裁判所基準では2800万円になっています。このようにかなり大きな差が出てしまうので、多少弁護士費用がかかったとしても、弁護士に依頼した方が得なのです。ただし、全ての弁護士が被害者の納得がいく交渉ができるというわけではありません。

>>交通事故慰謝料の計算方法はこちら

信頼できて交通事故に関しての知識が豊富なサイトで、交通事故弁護士を見つけて依頼すれば慰謝料の増額が見込めますが、交通事故に慣れていない弁護士に依頼すると報酬ばかり取られてしまい、納得のいく交渉ができないこともあるのです。弁護士にもいろいろな人がいるので、よい弁護士を選ぶことが最も重要になります。そのためには過去の実績や評判、口コミなどをきちんと確かめると共に、電話やメールなどでどのように応対するのかを確かめてから依頼しましょう。

>>交通事故の弁護士費用はこちら

交通事故に強い弁護士は何が違うのか?

交通事故に強い弁護士は、後遺障害慰謝料の増額に力を入れます。つまり、症状固定となった後、残った後遺障害を妥当な等級に認定してもらえるように、医師が後遺障害診断書を書くのをアドバイスしてくれるのです。後遺障害診断書(正式には自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書)は認定手続きの要となる書類です

医者は申請書は書きますが、漏れがあります。主張として足りない点があれば、カルテを見ながら、自覚症状と他覚症状を合わせて主張するように弁護士は医師にアドバイスします。

交通事故に強い医師は、医学的な知識も持ち合わせ、後遺障害認定に最大のサポートをしてくれます。これは、弁護士資格とは直接関係ない点ですが、勉強している医師は、被害者の症状をしっかりと把握して医師に伝えてくれるのです。

弁護士依頼の多くは保険会社との交渉

交通事故を起こしたときには、弁護士に相談をしてくる人もいるのですが、相談内容は人によって変わってきます。しかし、最も弁護士に相談してくる内容は、保険会社との慰謝料、損害賠償交渉についてなのです。

交通事故を起こしたときには、通常警察を呼んで事故処理や事故の状態を報告しなければいけません。物損事故であればぶつけた箇所を修理する費用を負担し、謝罪すれば全く問題はないので、弁護士に依頼するということはあまりありません。

しかし、人身事故の場合には、病院にかかった費用や会社を休んだ分の費用なども負担しなければいけないので、かなりのお金が必要になります。だからこそ任意保険に加入する人が大半を占めているのですが、保険を使用するためには、被害者が加害者の加入している保険会社と直接交渉するというのが一般的なのです。保険会社は第三者なので、被害者に対して劣等感を抱くこともありませんし、できる限り支払を少なくしたいと考えることが多いでしょう。

>>人身事故の解説はこちら

保険会社は交渉のプロなので、実際にはもっと賠償してもらわないと困る状況であっても、被害者にも非があるとして、保険金の支払いを少なくしようとすることが多いのです。そんなときにはこちらからも交渉のプロに依頼して、正しく賠償金をもらうように対策を練る必要があるのですが、交渉のプロこそ弁護士なのです。ただし、弁護士にも交通事故に詳しい人もいれば、あまり詳しくない人もいるので、交通事故に関する交渉経験が多い人、知識がある人に依頼しないといけません。

そうすることで正しく保険金が受け取れるようになるのですが、弁護士に依頼することで正確な情報を加害者側に伝えることができます。保険会社の圧倒的名専門知識にも対抗していくことができます。

また、弁護士がはいることで、後遺障害認定も正しく認定されることができるのです。

人身事故が発生すると、大半の依頼が保険会社との交渉になるので、事前の情報収集をきちんと行い、よい弁護士を探す必要があります。

川治温泉に入りながら、心をリラックスしておくと、色々とわからないことが分かりやすくなってくるのです。

>>鬼怒川・川治温泉ならこちら

みなさんも、色々と悩みが増えたときは、温泉に入りながら、心を平常心にすることをオススメします。

温泉