交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

六法全書

交通事故の慰謝料の増額方法

交通事故の慰謝料は、被害者が精神面で被ったダメージに対して加害者が支払う損害賠償金の一部です。精神的な苦痛に対して支払われるお金なので、個人による差が大きいと言えます。そこで、同じような内容の交通事故の被害者であるのに受け取る慰謝料の金額に大きな開きがあるという不公平をできるだけ抑えるために、慰謝料の計算基準があります。

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準

この計算基準はひとつではなく、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準と3つの基準があります。どの基準を使うかで慰謝料の金額は変わり、国で制定の自賠責保険基準の慰謝料は安く、一番高いのは弁護士基準の慰謝料です。慰謝料の差は、2~3倍変わってきて、後遺障害認定を受ければ、100万以上差が生まれます。

交通事故弁護士に依頼して、加害者側の保険会社と示談交渉を行えば、弁護士基準をベースに、相手方の保険会社と有利に交渉を進めることができます。もしも自賠責基準の安い慰謝料を提示されて示談を迫られても、弁護士基準で損害賠償を請求でき、被害者が損をしないように交渉してもらえるのが弁護士に相談をして示談交渉を代行してもらえるのが一番のメリットです。

そもそも、慰謝料の金額は事故の当事者どうしで進める示談交渉で決めますが、相手方からは通常保険会社が交渉にあたるので被害者は損をしないよう注意が必要です。というのは、加害者から被害者に支払う慰謝料などの賠償金を事実上支払うのは保険会社だからです。

できるだけ抑えた賠償金で示談とすべく、安い基準で算出した賠償金を提示してくるかもしれません。素人にはその示談金や慰謝料が相場なのか、分かるはずがありません。よって、弁護士による示談金査定、つまり妥当な金額が見てもらう必要があります。

弁護士依頼なしに、被害者が弁護士基準を支払うように示談交渉しても、加害者側の保険会社は対応せず、弁護士が裁判を背景に示談交渉することで勝ち取れるのが弁護士基準の慰謝料なのです。

交通事故慰謝料には2つある

交通事故の慰謝料いは、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があります。

入通院慰謝料

入通院慰謝料は、入院や通院した日数に応じて支払われる、慰謝料です。

後遺障害慰謝料とは?

また交通事故の慰謝料は、後遺障害が残ってしまったケースでは後遺障害の分を別に請求できることになっています。そして、この後遺障害慰謝料は、障害として認定された等級によって大きく変わります。

後遺障害の等級認定の申請をするには、ふたつの方法があります。ひとつめは加害者の保険会社に全ての手続きを任せるやり方、もうひとつは被害者が自分で後遺障害の等級の認定申請をするやり方です。

認定された後遺障害の等級は障害分の慰謝料に直接かかわってきますから、加害者側に全て依頼して不透明な部分が残るのは心配です。その点でも、弁護士の先生にアドバイスをもらいながら自分で後遺障害の等級申請をすれば内容をしっかり把握でき交渉で損をしなくてすみます。

このように、被害者の立場の人がひとりで保険会社と示談交渉をするよりも弁護士の先生に交渉を代行してもらうことで最初に保険会社が示した金額よりもかなりの慰謝料増額が可能となります。
自動車保険には、被害者が法律相談をする費用を補てんする弁護士特約をオプションで付けられるのが一般的です。この特約を付けていれば、もしも交通事故で被害者になってしまった時には費用の心配なく法律相談を利用することができます。

【参考】事前認定と被害者請求と後遺障害認定

後遺障害認定で交通事故に強い弁護士は何をしてくれる?

交通事故に強い弁護士は、後遺障害慰謝料の増額に力を入れます。つまり、症状固定となった後、残った後遺障害を妥当な等級に認定してもらえるように、医師が後遺障害診断書を書くのをアドバイスしてくれるのです。

医者は申請書は書きますが、漏れがあります。主張として足りない点があれば、カルテを見ながら、自覚症状と他覚症状を合わせて主張するように弁護士は医師にアドバイスします。

交通事故に強い医師は、医学的な知識も持ち合わせ、後遺障害認定に最大のサポートをしてくれます。これは、弁護士資格とは直接関係ない点ですが、勉強している医師は、被害者の症状をしっかりと把握して医師に伝えてくれるのです。

まとめ

交通事故弁護士に頼むメリットがこれでお分かりになったと思います。

川治温泉に入りながら、心がリラックスしてくると、交通事故被害に受けたパニックになった心の内面が癒され、どのように対処できるかわかってきます。

>>交通事故でむち打ちになったときには温泉治療で回復させる

保険会社の交渉でつかれた時、みなさんも、温泉に入りながら、弁護士依頼も検討してみましょう。

温泉

投稿日:2016年3月7日 更新日:

執筆者: