交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

弁護士

交通事故の慰謝料の計算をしておく

投稿日:2016年3月10日 更新日:

慰謝料計算

交通事故の慰謝料相場は?

交通事故で被害を受け、入院や通院などの人身事故に巻き込まれた場合には、まず弁護士に相談を行うべきなのですが、その前にどれぐらいの慰謝料を請求できるのかというのを調べておくとよいでしょう。いくら日本全国で交通事故が頻繁に発生しているとは言っても、きちんと注意していれば、そう簡単に交通事故に巻き込まれて人身事故の被害に遭うということはありません。そのため、慰謝料をどれぐらい請求するべきなのか、どれぐらいが一般的なのかを知っておく必要があります。

しかし、どのようにして事前に慰謝料の請求額を調べるのでしょうか。インターネットで交通事故や弁護士というキーワードを入れて検索をすると、弁護士のホームページがたくさん出てきます。その中にはシミュレーションをして大体の慰謝料を計算してくれるソフトをサイト内に記載しているところもあるのです。慰謝料自動計算と言った感じの名前で、誰でも簡単に利用できるため、このようなホームページにアクセスすることで、大体平均的な慰謝料を知ることができます。

慰謝料計算ツールを使おう

もちろん料金の支払いや利用登録などを行う必要は一切ありませんし、ダウンロードやインストールをする必要もありません。サイトにアクセスすれば誰でも使えます。基本的に慰謝料というのは、後遺症が出たときや死亡事故、入院するような事故になった場合に発生するので、2つから3つぐらいの項目に分かれていることが多いでしょう。被害を受けた人に後遺症が出た場合には、後遺症の欄を選択します。それから空欄を埋めていけば、金額が算出されるというわけです。

シミュレーションソフトなので、確実にこの金額しか慰謝料がもらえないというわけではありませんし、こんな高い金額の慰謝料がもらえるのかと疑問を持つ人もいるでしょう。しかし、このシミュレーションは正確性が高いので、多少の誤差はあるのですが、大きな誤差が出ることは殆どないと言っても過言ではありません。もちろん弁護士に相談しないことには何も始まりません。

-弁護士

執筆者:

関連記事

健康保険証

交通事故が発生したら病院へ行くべき

交通事故にあったら、すぐに病院へ 交通事故が発生した場合には、かなり強い衝撃を受けることもあります。そのため、後からいろいろな症状が出てしまうことも考えられるのです。軽くぶつかった程度であれば物損事故 …

通勤するサラリーマン

通勤中の交通事故は労災になるのか

通勤中に交通事故に遭ってしまった場合、それが労災として認定されるのかということは誰しも気になるポイントでしょう。 一般的に企業というのは労災認定を嫌がる傾向にありますから、場合によっては認めてもらえな …

必ず加入しておくべき任意保険

任意保険に入っておけば安心 自賠責保険は必ず加入しなければいけない保険ですが、任意保険は多くの人が加入しているものの、必ず加入しなければいけないというわけではありません。ただし、自動車やバイクを運転す …

温泉とお酒

交通事故と飲酒運転の怖い話

交通事故原因は飲酒運転も 川治温泉では、すばらしい宿も多く、また、お酒もおいしい場所ですね。ところで、今回は、飲酒と交通事故との怖いお話をしたいと思います。 悲惨な交通事故を起こしてしまう人の中には、 …

事前認定と被害者請求と後遺障害認定

交通事故被害で怖い、後遺障害 高齢者ドライバーによる交通事故が多発し、改めて事故の恐ろしさを思い知らされます。生活インフラの一部として重要な自動車ですが、ひとたび事故ととなれば走る凶器となり死傷事故と …