交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

弁護士

交通事故に遭ったら、早めに弁護士に相談するのがよい

投稿日:2016年3月9日 更新日:

弁護士相談

日本人の場合には、交通事故で被害に遭っても、すぐ弁護士に相談する人というのはそれほど多くはありません。多くの人は、加害者がきちんと謝罪や賠償を行わなかった場合や、保険会社と交渉をして、納得のいく慰謝料を払ってもらえなかった場合などに初めて相談をすることが多いでしょう。しかし、交通事故が発生して被害を受けた場合には、できる限り早めに相談するのがよいのです。その方が早めに慰謝料の支払いが行われるようになるでしょう。

もし知りあいに弁護士がいる、会社を経営していて顧問弁護士が付いているという場合であればまだしも、大半の人はまず弁護士探しを行わなければいけません。弁護士の中には信頼できない人もいますし、交通事故に関する知識があまりない人もいるので、むやみに選ぶようなことは行うべきではないのです。きちんと情報収集をして、安心して任せられるとわかってから依頼することが多いので、できるだけ早めに弁護士探しをしておくべきでしょう。

そしてできる限り相談を早く行うことで、万が一トラブルが発生してもすぐ対応できるようになるのです。では、どのようなタイミングで弁護士に依頼するのがよいのでしょうか。物損事故であれば特に弁護士への依頼は行わなくても問題ないのですが、人身事故の場合には病院へ行くのが一般的です。検査だけで済めば、検査終了後すぐに弁護士へ依頼してもよいですし、もらうべき慰謝料が少ないのであれば無理に依頼する必要はありません。

しかし、通院や入院が必要になったときには、病院へ行っている最中に弁護士へ依頼するのが最もよいタイミングだと言えるでしょう。入院したときには家族や親戚が相談しても問題ありません。弁護士に相談をしてから、実際に慰謝料が支払われるまでは時間が掛かりますし、後遺症認定をしてもらう場合などは半年近く掛かってしまうこともあるのです。もし弁護士に相談をしていないと、もっと長期間掛かることもあれば、泣き寝入りということも考えられます。

-弁護士

執筆者:

関連記事

弁護士相談

交通事故に詳しい弁護士を探す方法

ネット検索を活用しよう 交通事故の相談や示談金の交渉を弁護士にお願いしたいけど、どうやって探していいのか迷う方は多いです。まさか自分が交通事故に遭うとは思っていませんので、普段からチェックしている方は …

通勤するサラリーマン

通勤中の交通事故は労災になるのか

通勤中に交通事故に遭ってしまった場合、それが労災として認定されるのかということは誰しも気になるポイントでしょう。 一般的に企業というのは労災認定を嫌がる傾向にありますから、場合によっては認めてもらえな …

温泉とお酒

交通事故と飲酒運転の怖い話

交通事故原因は飲酒運転も 川治温泉では、すばらしい宿も多く、また、お酒もおいしい場所ですね。ところで、今回は、飲酒と交通事故との怖いお話をしたいと思います。 悲惨な交通事故を起こしてしまう人の中には、 …

no image

交通事故の交渉を加害者とする前に法テラスで相談

保険会社との交渉がこじれたら・・ 交通事故に遭ってしまった場合、加害者と交渉をしなければいけません。 交渉では、賠償金を決めたり示談にしたりとさまざまな内容を話し合いますが、法律の知識がない人にとって …

慰謝料計算

交通事故の慰謝料の計算をしておく

交通事故の慰謝料相場は? 交通事故で被害を受け、入院や通院などの人身事故に巻き込まれた場合には、まず弁護士に相談を行うべきなのですが、その前にどれぐらいの慰謝料を請求できるのかというのを調べておくとよ …