交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

弁護士

交通事故に遭ったら、早めに弁護士に相談するのがよい

投稿日:2016年3月9日 更新日:

弁護士相談

日本人の場合には、交通事故で被害に遭っても、すぐ弁護士に相談する人というのはそれほど多くはありません。多くの人は、加害者がきちんと謝罪や賠償を行わなかった場合や、保険会社と交渉をして、納得のいく慰謝料を払ってもらえなかった場合などに初めて相談をすることが多いでしょう。しかし、交通事故が発生して被害を受けた場合には、できる限り早めに相談するのがよいのです。その方が早めに慰謝料の支払いが行われるようになるでしょう。

もし知りあいに弁護士がいる、会社を経営していて顧問弁護士が付いているという場合であればまだしも、大半の人はまず弁護士探しを行わなければいけません。弁護士の中には信頼できない人もいますし、交通事故に関する知識があまりない人もいるので、むやみに選ぶようなことは行うべきではないのです。きちんと情報収集をして、安心して任せられるとわかってから依頼することが多いので、できるだけ早めに弁護士探しをしておくべきでしょう。

そしてできる限り相談を早く行うことで、万が一トラブルが発生してもすぐ対応できるようになるのです。では、どのようなタイミングで弁護士に依頼するのがよいのでしょうか。物損事故であれば特に弁護士への依頼は行わなくても問題ないのですが、人身事故の場合には病院へ行くのが一般的です。検査だけで済めば、検査終了後すぐに弁護士へ依頼してもよいですし、もらうべき慰謝料が少ないのであれば無理に依頼する必要はありません。

しかし、通院や入院が必要になったときには、病院へ行っている最中に弁護士へ依頼するのが最もよいタイミングだと言えるでしょう。入院したときには家族や親戚が相談しても問題ありません。弁護士に相談をしてから、実際に慰謝料が支払われるまでは時間が掛かりますし、後遺症認定をしてもらう場合などは半年近く掛かってしまうこともあるのです。もし弁護士に相談をしていないと、もっと長期間掛かることもあれば、泣き寝入りということも考えられます。

-弁護士

執筆者:

関連記事

事前認定と被害者請求と後遺障害認定

交通事故被害で怖い、後遺障害 高齢者ドライバーによる交通事故が多発し、改めて事故の恐ろしさを思い知らされます。生活インフラの一部として重要な自動車ですが、ひとたび事故ととなれば走る凶器となり死傷事故と …

Spine pain, man with backache and ache in the neck, black and white photo with red backbone

交通事故における症状固定とは何か

症状固定とは? 交通事故で被害を受けた人の中には、通院や入院を余儀なくされてしまう場合もあるでしょう。このような場合には、加害者側から治療費や入院費を請求できます。しかし、かなり高額になるため、通常は …

温泉とお酒

交通事故と飲酒運転の怖い話

交通事故原因は飲酒運転も 川治温泉では、すばらしい宿も多く、また、お酒もおいしい場所ですね。ところで、今回は、飲酒と交通事故との怖いお話をしたいと思います。 悲惨な交通事故を起こしてしまう人の中には、 …

人身事故と物損事故の違い

分かっている人は少ないので、解説します。 交通事故って言葉がありますが、その中に、大きくわけて、人身事故と物損事故にわかれます。実はこの2つは、大きな違いがあるのをしっているでしょうか? この2つの大 …

健康保険証

交通事故が発生したら病院へ行くべき

交通事故にあったら、すぐに病院へ 交通事故が発生した場合には、かなり強い衝撃を受けることもあります。そのため、後からいろいろな症状が出てしまうことも考えられるのです。軽くぶつかった程度であれば物損事故 …