交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、弁護士相談、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

弁護士

交通事故時の弁護士相談の料金と弁護士費用の相場について

投稿日:2016年3月7日 更新日:

料金

弁護士相談費用

交通事故で被害を受けたときには、弁護士に依頼するという人もいます。弁護士事務所をいろいろと調べてみると、初回相談無料、1時間相談無料などと書かれていることも珍しくはありません。弁護士を探すときには相談無料の事務所を中心に探す人も多いのですが、このような探し方でも問題ないのでしょうか。もちろん相談無料になっている方がよいのですが、この1点だけで弁護士を選んでしまうというのは問題があります。

交通事故で被害を受けたのであれば、交通事故に関する知識が豊富であるのか、今までどれぐらいの依頼が寄せられているのか、どのような実績があるのか、報酬は全部でいくらぐらいになっているのかという点まで調べなければいけません。さらに信頼できる弁護士なのかという点も重要です。相談は何時間でも無料となっている場合でも、報酬が相場よりも高くなっていることがありますし、納得のいく解決ができない場合もあるので、相談料だけを見ていてはいけません

逆に相談するのにも料金を取られてしまう場合、報酬が安くなっていることも多いため、総合的に判断するべきでしょう。ただし、大半の弁護士事務所は、初回に限り相談無料、30分や1時間であれば無料となっていることが多いのです。料金に関して言えば、相談もお金を取られてしまい、報酬も高く設定されているというところは避けるべきでしょう。しかし、信頼できて納得のいく解決を多数してきた実績があれば、依頼しても問題はありません。

交通事故に巻き込まれたとき、最も多い相談は保険会社との交渉になっているので、きちんと交渉できるということが重要です。中には弁護士に相談したことで、慰謝料が倍になったという事例もあります。最初は自分だけで保険会社と交渉をしてもよいのですが、納得がいかなければすぐ弁護士に相談できるように、きちんと情報収集をしておきましょう。相談料金が無料であるのかは、あくまで比較するときの判断基準です。ちなみに相談料を取られる場合、平均的な料金は1時間で5000円ぐらいだと言えるでしょう。

弁護士費用の相場

もちろん依頼する弁護士によって費用は変わってくるのですが、重要なのは相場がどれぐらいなのかという点です。この相場よりもかなり高い場合には、明らかに儲けることしか考えていないと感じてしまう人が多いでしょうし、かなり安い場合には、本当に自分が納得できるような交渉をしてくれるのかと不安を感じてしまう人もいるでしょう。そこで人身事故を起こして弁護士に依頼した場合に、必要となる平均的な費用を見ていきたいと思います

弁護士というのは、基本的に相談料と着手金、成功報酬という形で費用が分かれています。相談料と着手金はどのような依頼であっても大きく変わることがないので、平均的な金額を出すのは容易です。しかし、成功報酬はどれだけ相手から賠償金を獲得できるのかによって変わってきます。より多くの賠償金を獲得できれば、その分成功報酬も高くなるのです。ちなみに相談料は大体30分で5000円ぐらいが相場で、着手金は20万円ぐらいが相場になっています。

成功報酬に関しては、大体勝ち取った金額の1割というのが平均的な金額なので、1000万円の賠償金を取ることができれば、成功報酬が100万円前後となる場合が多いでしょう。ただし、これらの数値は固定されているわけではないので、中には成功報酬を2割前後取るような弁護士もいます。逆に相談料や着手金を無料にしているところもあります。このように調べると、大体弁護士へいくら支払う必要があるのかがわかるようになるでしょう。

-弁護士

執筆者:

関連記事

人身事故と物損事故の違い

分かっている人は少ないので、解説します。 交通事故って言葉がありますが、その中に、大きくわけて、人身事故と物損事故にわかれます。実はこの2つは、大きな違いがあるのをしっているでしょうか? この2つの大 …

あなたの被害が軽く見積もられないために

この文を読んでいるあなたは、交通事故の被害者かそのご家族でしょう。被害にあったら、まず病院に行くのは当然ですが、もう一つ現実的な対処として法律相談があります。法律相談は落ち度がある加害者側がするのでは …

慰謝料計算

交通事故の慰謝料の計算をしておく

交通事故の慰謝料相場は? 交通事故で被害を受け、入院や通院などの人身事故に巻き込まれた場合には、まず弁護士に相談を行うべきなのですが、その前にどれぐらいの慰謝料を請求できるのかというのを調べておくとよ …

交通事故で怪我をして、後遺障害が残る場合どうすべきか?

後遺障害への対象 交通事故が起こった場合、不運にも後遺障害が残ってしまうケースがあります。その場合は不運を嘆くだけでなく、適切な対処をすることが重要です。そう言われても、どのような手順を踏めば良いのか …

事前認定と被害者請求と後遺障害認定

交通事故被害で怖い、後遺障害 高齢者ドライバーによる交通事故が多発し、改めて事故の恐ろしさを思い知らされます。生活インフラの一部として重要な自動車ですが、ひとたび事故ととなれば走る凶器となり死傷事故と …