交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

鬼怒川川治温泉

交通事故の温泉治療費は認められるか

投稿日:

温泉治療費

保険会社との交渉

交通事故に遭ってケガをしてしまった場合には、その被害者は加害者となる相手に対して損害賠償を求めることが可能です。この場合は相手個人が損害賠償を支払うというよりも、実際のところは相手が加入している自動車保険から下りた保険金が、被害者への損害賠償のためのお金として充当されると考えたほうがよいといえます。そのためケガの程度や治療方法などをめぐって保険会社と見解の違いが生じてしまった場合には、十分な保険金が下りない可能性もあります。

一般的にいって、保険会社が被害者の治療費として保険金を支払うのは、交通事故との因果関係が明確なケガについて、治療の必要性や相当性がある場合に限られます。したがって被害者が請求してきたからといって、やみくもに請求された金額をそのまま支払うことはまずあり得ず、かならず必要性などの条件を満たしているかどうかがチェックされています。

ケガに対して病院や診療所で治療を受けた場合には、国家資格を持つ専門の医師による治療の見立てをともなっていることから、必要性や相当性が客観的に見てもわかりやすいはずです。そこで実際の治療にかかった費用そのものと、入院や通院による精神的または肉体的な苦痛に相当する慰謝料、その他診断書の交付や病院への交通費などの雑多な費用が、ほぼ満額支払われることは多いといえます。

病院以外の治療は注意が必要

しかし病院以外での治療の場合には、とたんに保険会社の判断は微妙になってきます。なかでも接骨院や鍼灸院などにかかった場合は、医療類似行為として認められる余地がありますが、これもすべてが認められるとは限らず、ケースバイケースとなります。接骨院などで施術しているのが国家資格をもった柔道整復師であって、なおかつ医師の指示があれば認められやすいといえますが、医師の指示がない場合は、期間や費用などの妥当性も加味した上で保険金が支払われるかどうかが決まります。
このようなケースと同様に問題になるのが、交通事故のケガについての温泉治療費です。温泉そのものは古くから身体の調子をととのえる作用を知られてはいるものの、単なる趣味としての温泉巡りと客観的に見分けがつかないことがある上、医学的に見た有効性がどれほど主張できるかも心もとない面があります。温泉治療費がもしも認められるとすれば、医師による指示が明確にあった場合ですが、この場合も回数や金額などがシビアにチェックされる可能性は考慮しておくべきです。
もしも医師の指導をともなわず、被害者個人の判断で交通事故のケガの温泉治療を行った場合は、必要性や相当性を客観的に主張することは難しく、一般的には認められないことがほとんどです。保険会社とトラブルになった場合、個人として主張するのではなく、たとえば交通事故の問題にくわしい弁護士などの専門家の法律相談を受けてアドバイスをもらった上で、本人の代理として示談または訴訟の手続きをしてくれるように依頼をするなどの工夫が必要となります。

-鬼怒川川治温泉

執筆者:

関連記事

公共の宿

鬼怒川に公共の宿があるのでしょうか? 国民宿舎 渓山荘 国民宿舎 渓山荘があります。 効能豊かな源泉かけ流し温泉が人気の宿です。後、貸切露天風呂無料でついてくるのがうれしいですね。 効能がよい温泉で、 …

鬼怒川川治のイベントは?

温泉夏まつり! なんといっても温泉夏祭りが有名です。 鬼怒川の綺麗な空気をすいながら、夏の温泉街の中で踊る盆踊りは格別。もちろん、家族連れにはうれしい、子供が喜ぶイベントも多数夏祭りの中で開催されます …

温泉治療

交通事故でむち打ちになったときには温泉治療で回復させる

交通事故になった時に、負ってしまう怪我といえば多くの人がむち打ちと応えるでしょう。軽い追突事故でも起こり得る怪我ですから、いつ誰の身に起きるかはわかりません。 むち打ちは神経系の怪我 骨折や切り傷と違 …

鬼怒川にも韓国人旅行者は来るのか?

鬼怒川温泉を韓国人と中国人が爆買い? 最近になっていわれているのが、中国人と韓国人が、鬼怒川の観光地で、いわゆる「爆買い」しているという話があります。 真実はわかりませんが、日本の伝統ある温泉街に多く …

温泉

鬼怒川・川治温泉の魅力

川治温泉の特徴 川治温泉は、栃木県の日光市にある温泉郷です。男鹿川と鬼怒川が合流する渓谷に佇んでおり、豊かな自然に囲まれています。始まりは江戸時代の享保年間で、男鹿川が氾濫した際に偶然発見されたという …