交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

弁護士

事前認定と被害者請求と後遺障害認定

投稿日:

交通事故被害で怖い、後遺障害

高齢者ドライバーによる交通事故が多発し、改めて事故の恐ろしさを思い知らされます。生活インフラの一部として重要な自動車ですが、ひとたび事故ととなれば走る凶器となり死傷事故という最悪の結果を生んでしまいます。また命が助かったとしても、ケガが長引き障害が残ってしまうケースも少なくないわけです。ではケガによる継続的な治療が必要になった場合、どのような手続きが必要なのかはもちろん、誰がするかで損害賠償額に違いが出ることはそれほど知られていないだけに、万が一のために知っておくことも必要です。
交通事故によりケガなどの被害に遭い、治療を行ったものの何らかの機能障害などの症状や傷痕が残ってしまうことを後遺症と言います。具体的には、けがは治ったものの身体に障害が残った場合や治療が終わった後に残った症状、治療したものも完治せず、治療改善が見込めない固定した症状です。

病院で6か月を過ぎても改善が見込めない場合に、医師が症状固定と判断し後遺症と見なされ、後遺障害診断書が発行されます。これを損害保険率算出機構が判断し後遺障害認定されると、金銭的な補償や加害者側にも損害賠償請求ができるようになります。

後遺障害等級認定申請の方法「被害者請求」と「事前認定」

この後遺障害と認定されるには、自賠責調査事務所から後遺障害等級を受ける必要があり、この申請方法には事前認定と被害者請求という2つの方法があります。
加害者側の任意保険会社が後遺症の認定手続きを行うのが事前認定です。被害者としては自ら書類や資料を揃える手間もかからないために大変便利です。しかし手続きを全て保険会社に任せるために、相場以下の補償や損害賠償額になる可能性があります。

一方被害者が自ら資料の作成や収集など申請手続きをするのが被害者請求です。このように自ら資料の作成や申請手続きをするため手間がかかりますが、その分正確な症状を訴えることができるなど適正な認定がされる可能性が高くなります。また、専門家に依頼し提出資料の内容を精査したうえで申請することも可能です。
交通事故においては、後遺症による慰謝料を獲得したい場合、後遺障害等級に認定されないと慰謝料の請求はできないことになっていますので注意が必要です。

この後遺障害等級には第1級から第14級まであり、このいずれかに該当することが必要です。また、後遺症で獲得できる賠償金には後遺障害慰謝料、逸失利益などありますが、そのなかでも自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準によって獲得できる賠償金が異なります。この中で高額な賠償金を望むなら弁護士に依頼することになりますが、それぞれの症状やおかれた状況に応じて判断することが大切です。

-弁護士

執筆者:

関連記事

通勤するサラリーマン

通勤中の交通事故は労災になるのか

通勤中に交通事故に遭ってしまった場合、それが労災として認定されるのかということは誰しも気になるポイントでしょう。 一般的に企業というのは労災認定を嫌がる傾向にありますから、場合によっては認めてもらえな …

人身事故と物損事故の違い

分かっている人は少ないので、解説します。 交通事故って言葉がありますが、その中に、大きくわけて、人身事故と物損事故にわかれます。実はこの2つは、大きな違いがあるのをしっているでしょうか? この2つの大 …

料金

弁護士特約があれば交通事故の弁護士相談費用も安心

交通事故弁護士相談の悩みは費用! 交通事故に巻き込まれてしまったら、できるだけ早い段階で弁護士に相談するのが一番安心です。 被害者になってしまうと、心身や所有物、また所得などにいろいろな損害を受けます …

慰謝料計算

交通事故の慰謝料の計算をしておく

交通事故の慰謝料相場は? 交通事故で被害を受け、入院や通院などの人身事故に巻き込まれた場合には、まず弁護士に相談を行うべきなのですが、その前にどれぐらいの慰謝料を請求できるのかというのを調べておくとよ …

弁護士相談

交通事故に詳しい弁護士を探す方法

ネット検索を活用しよう 交通事故の相談や示談金の交渉を弁護士にお願いしたいけど、どうやって探していいのか迷う方は多いです。まさか自分が交通事故に遭うとは思っていませんので、普段からチェックしている方は …