交通事故弁護士ブログ@鬼怒川・川治温泉

鬼怒川の川治温泉で交通事故被害者のことを考え、人身事故、損害賠償、慰謝料、弁護士特約、後遺障害、過失割合など難しい法律問題に関して説明するブログです。

弁護士

交通事故における症状固定とは何か

投稿日:2016年4月28日 更新日:

Spine pain, man with backache and ache in the neck, black and white photo with red backbone

症状固定とは?

交通事故で被害を受けた人の中には、通院や入院を余儀なくされてしまう場合もあるでしょう。このような場合には、加害者側から治療費や入院費を請求できます。しかし、かなり高額になるため、通常は保険会社から支払われるようになるのです。このときに注意するべきことがあるのですが、それは症状固定です。症状固定と言われても何のことだかわからないという人もいるでしょうが、簡単に言えばこれ以上の治療は必要ないと判断された状況のことをいいます。

しかし、完治したという意味ではないので注意しないといけません。例えば交通事故で入院してしまい、これ以上治療をしても回復が見込めないという状況になることもあるでしょう。この場合も症状固定になるのです。しかも症状固定以降は、保険会社にも加害者にも治療費の請求ができなくなります。症状固定の判断は当然医師が行うのですが、治療費を支払っているのが保険会社であった場合、まだ回復する可能性があるにも関わらず、症状固定で保険金の支払いをストップさせようとすることもあります。

症状固定を決めるのは医師

よって症状固定になったと保険会社から言われても、すぐに応じるべきではありません。もしこのように保険会社の方から言われたら、弁護士に相談することをおすすめします。すぐ弁護士に依頼するためには、人身事故が発生したときに、弁護士へ依頼しておくことが重要です。もし被害者が入院することになったら、家族や身内が弁護士に依頼しておくことで、症状固定で治療費の支払いを止めることを防止することができるのです。

重要なのは担当の医師とよく相談をして決めることです。もしほんの僅かでも回復する見込みがあるのであれば、しっかりと治療を行ってから症状固定とするべきでしょう。ケガの状況については医師に、治療費のことについては弁護士に任せてしまうのがよいのですが、もし症状固定のことを全く知らずに認めてしまった場合でも、諦めずに弁護士に相談してみることをおすすめします。

-弁護士

執筆者:

関連記事

弁護士相談

交通事故に遭ったら、早めに弁護士に相談するのがよい

日本人の場合には、交通事故で被害に遭っても、すぐ弁護士に相談する人というのはそれほど多くはありません。多くの人は、加害者がきちんと謝罪や賠償を行わなかった場合や、保険会社と交渉をして、納得のいく慰謝料 …

必ず加入しておくべき任意保険

任意保険に入っておけば安心 自賠責保険は必ず加入しなければいけない保険ですが、任意保険は多くの人が加入しているものの、必ず加入しなければいけないというわけではありません。ただし、自動車やバイクを運転す …

温泉とお酒

交通事故と飲酒運転の怖い話

交通事故原因は飲酒運転も 川治温泉では、すばらしい宿も多く、また、お酒もおいしい場所ですね。ところで、今回は、飲酒と交通事故との怖いお話をしたいと思います。 悲惨な交通事故を起こしてしまう人の中には、 …

no image

交通事故の交渉を加害者とする前に法テラスで相談

保険会社との交渉がこじれたら・・ 交通事故に遭ってしまった場合、加害者と交渉をしなければいけません。 交渉では、賠償金を決めたり示談にしたりとさまざまな内容を話し合いますが、法律の知識がない人にとって …

料金

弁護士特約があれば交通事故の弁護士相談費用も安心

交通事故弁護士相談の悩みは費用! 交通事故に巻き込まれてしまったら、できるだけ早い段階で弁護士に相談するのが一番安心です。 被害者になってしまうと、心身や所有物、また所得などにいろいろな損害を受けます …